« 「幼子をわたしのところに」 | トップページ

2016年5月11日 (水)

「母の日記念礼拝」

明日の「母の日記念礼拝」のあと、午後から映画「ジーザス」を上映します。

上映、と言えば大げさですが、 要するにみんなでこの名作を鑑賞しようという企画。

この『ジーザス』は… (Jesus, 原題:Gospel of Luke)は、1979年のアメリカ映画。映画監督ジョン・ヘイマン制作、新約聖書の「ルカによる福音書」を忠実に映像化することによりイエス・キリストの生涯を描いた異色作(ウィキペディアより) です。

珈琲付き、お菓子付きです😄 お菓子は「ちんすこう」を焼きました。 「とても簡単だから一度作ってみて!」と知り合いから教えてもらいました。
確かに…簡単でした! プレーンときな粉味、お茶味の3種類を作りました。今、焼き上がり、とても香ばしい香りです! 「私にでもできてしまったら、沖縄県のお土産やさん、困らないかな?」とつぶやいたら失笑をかいました💧

あっ、来月の「父の日」はういろうをたべながらの映画会を企画しようかしら? ういろうも友達に教えてもらいました。こちらも簡単にできてしまうんです! よし、決まり! まあ、私がういろうを作っても名古屋のお土産やさんが困ることはないでしょうから😆

それはともかく、全国のお母さん方、女性方に神様の祝福が豊かにありますように

« 「幼子をわたしのところに」 | トップページ

コメント

久しぶりに「hiromama」さんのブログを読むことができました。感謝です。でも、私は以前コメントを送ってから、3月には大阪府民になってしまいました。楽しそうな祝福された礼拝のご様子をまた読みたいです。30年も暮らした鳥取を思い出すとなつかしくてたまりません。

ほのぼのとした暖かいブログ、いつも楽しみにしています。
御教会の祝福をお祈りしています。
礼拝メッセージの更新の再開も待ち望んでいます。

はじめまして。福井市在住の王島将春(おうしままさはる)と言います。聖霊のバプテスマを推し進める活動をしている者です。

間もなく、エゼキエル書38章に書かれている通り、ロシア・トルコ・イラン・スーダン・リビアが、イスラエルを攻撃します。もしもエゼキエル戦争と携挙が連動しているなら、一日でも早く聖霊を受け取って、主の日に備える必要があると思っています。そこで、牧師にお願いします。日曜礼拝の時に「聖霊を受け取っていない人は聖霊を受け取ってください」と勧めてください。

宗教でキリスト教をしている人達や、聖霊を受け取っていない自称クリスチャン達が、携挙で挙げられることはありません。彼らが携挙に取り残される事によって生じる後悔や苦痛の度合いは、未信者のそれとは比べ物にならないほどだと思っています。彼らが取り残されて、激烈な後悔と耐え難い苦痛を経験しないためにも、御教会に属する全員に、聖霊のバプテスマを勧めて下さい。

どうぞ、よろしくお願いします。最後まで読んでくださり、ありがとうございました。返信は不要です(送信専用メールです)。それと、本件とは関係の無い話なのですが、出来れば、御教会のホームページをより充実させてほしいです。分かりやすく紹介されたホームページを設けることで、若い世代に安心感を与える事ができるはずです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「母の日記念礼拝」:

« 「幼子をわたしのところに」 | トップページ

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ